頬骨を削って輪郭形成しました。

エラ削りによる輪郭形成を親に相談

顔が大きいコンプレックス / エラ削りによる輪郭形成を親に相談 / 手術の痛みが引くまで半年ぐらい掛かった

親の承諾がいらなくなる成人の年齢になるまで待って、自分でアルバイトでためたお金で輪郭形成の施術を受ける事を計画して、20歳になった時にエラ削りの技術の高い美容整形外科クリニックを探し始めました。
ネットの口コミ情報や体験談などを調べまくって、手術の実績が多い名医のいる美容整形外科クリニックを見つけて、電話で予約して相談に行きました。
エラ削りがどんな手術化は漠然と調べてましたが、クリニックでは細心の注意はするけど副作用で痛みや腫れや痺れが残る事が稀にあると危険性も説明してくれて、マイナス面も誠実に教えてくれて好感を受けたのでこの美容外科クリニックで手術を受ける事を決めました。
手術が可能な骨格があるのかをCTなどの機器で精密検査して、削っても問題ない事を調べてから、手術の承諾書にサインをしました。
承諾書にサインした後に、手術当日に使う麻酔の量を調べるために体重を測定したり、血圧など様々な検査を行いました。
その後手術前の着手金として約150万円を支払って、手術当日を迎えました。
手術当日には母親に付き添ってもらって、美容外科クリニックに向いました。
手術当日に裸になって施術着に着替えた後に、当日の体調の検査を行い麻酔の点滴の管を背中に挿されて手術室に向いました。

輪郭形成 | 輪郭形成外科クリニック